荷物ごとの向き・不向き

コンテナ型のレンタル倉庫が人気あります。基本的には生ものや生き物ではなければ、契約期間中、自由に一時保管しておくことができます。
レンタル倉庫にはコンテナ型以外にもビル型のレンタル倉庫、室内型のレンタル倉庫などがあります。これらは用途やニーズによって使い分けています。

たとえばよく街で見かける大型コンテナを積んでいるレンタル倉庫の場合、基本的にサイズがとても大きいので中に保管しておくものは選びません。しかし、野ざらしの状態にありますので、雨が多いシーズンや夏などは湿気が溜まりやすくなり、カビが発生してしまったりすることもよくあります。
そのため、カビに弱い本や雑誌、ワインなどはあまり向いていないかもしれません。

しかし、それ以外のものなら大体は自由に保管しておくことができます。
意外と思われながらもよく利用されているのがバイクです。バイクは盗難やいたずらをされてしまうことがあるかと思いますが、冬の間は寒くて乗らない、ということなら大型のコンテナ型レンタル倉庫を借りて、バイクを保管しておくということはあります。また、スキー用品やアウトドア用品など季節ものも一時的なタイミング以外は不用になる上、場所も取るのでコンテナ型のレンタル倉庫に保管することがよくあります。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 大人気コンテナ型レンタル倉庫 All Rights Reserved.