レンタル倉庫のタイプ

多くの家庭では、自宅の収納(物置、押し入れなど)の奥には捨てられないけど1年の内に数回しか使わないものや、こたつやスキー用品、扇風機など季節限定でしか利用しないものなどで収納場所を圧迫していたり、モノが増え続けて家に入りきらなくなってしまったなどの悩みがあるかと思います。

そんな家庭の悩みを解決するのがレンタル倉庫というサービスです。荷物がいっぱいになってしまって、自宅の収納場所に入りきらないという悩みがあれば、レンタル倉庫という収納場所を外部に設け、一時的な収納場所として保管しておくサービスです。

レンタル倉庫にはいくつかのタイプに分かれます。コンテナ型のレンタル倉庫、ビル型(屋内型)レンタル倉庫、倉庫型レンタル倉庫などが代表的なタイプです。コンテナ型はコンテナ一室まるごと借りて自由に使えるものです。かなり大型のものが収納できて、バイクを預けたり、キャンプ用品やスキー用品など場所を取ってしまうシーズン物を預けるにも最適です。

ビル型は建物の一室のパーティションで区切られたスペースを借ります。こちらは空調が完備されている上、セキュリティもしっかりしています。

倉庫型は建物の一室をまるごと借ります。保管するものが大量にあったり、大型のものを預けたい場合に便利です。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 大人気コンテナ型レンタル倉庫 All Rights Reserved.